居酒屋で接客するポイントについて

居酒屋で働く事になると、接客する必要がありますが、慣れていないとどうすれば良いのか困ってしまう事も少なくありません。
では、どういう事に気を付けると良いのでしょうか。
まず最初に気を付けるのは声の大きさです。
居酒屋の店内はとても音が大きく、小さな声では近くにいる人とでも声が伝わりにくくなってしまう事も少なくありません。
店員と客という関係の場合、それ程近づく事も無く、さらに何度も聞きかえしてしまうのは相手に対して失礼に当たります。
なるべく相手の方を向いて、さらにある程度大きめの声で話すと相手にも聞こえやすくなり、オーダーのミスが減ります。
もう一つは出来るだけ嫌そうな顔をしないで接客するという事です。
居酒屋にはさまざまな客が訪れるので、全ての人が自分たちに同じ様な対応をしてくれる訳ではありません。
さらにアルコールが入ってしまうといつもよりも大胆になってしまう人も出て来ますが、そういう人に対する感情を表情に出してしまうのはプロとしても良くないので、出来るだけにこやかに接客しましょう。
一見基本中の基本に見えますが、これを行う事に注意するだけでもかなり接客態度が良いと思って貰えるはずです。

居酒屋における接客について

居酒屋は、当然アルコールを提供するお店です。
そのため他の単純な食事だけのお店やスーパー等のお店とは接客に対する心構えが異なります。
居酒屋でのお客さんの場合は、アルコールを摂取しているため、それ以外のお店での素面のお客さんとは違う対応が必要となります。
アルコールにより、気分が高揚して普段以上に楽しんでいる場合や、仲間うちで悩みや愚痴等の話をするために来ている場合等、多種多様な目的で来ているお客さんも多いです。
居酒屋で必要とされる元気の良い声掛け等は、相談や愚痴目的で来ているお客さんにとっては煩わしく思われる可能性がありますので、時には控えめな声掛けが必要な場合もあります。
また、取り皿の交換や灰皿の交換等にも気を配る必要があります。
この様に、単純に食事をするためだけではなく、様々な目的で食事に訪れている方が多いため、お客さんがどういう目的で来ているのか、またどういう盛り上がりをしているかを見極めて、それに合った接客を心掛ける必要があります。

最終更新日:2016/1/28

Copyright (C) 2015 「ほろ酔い居酒屋」All rights reserved.