居酒屋経営で必要なこと

サラリーマンも早期退職で首を切られる時代。
自分で商売を始めたいと考える人も多いでしょう。
居酒屋は料理を覚え美味しい料理、美味しいお酒を出せればいので、比較的簡単に始めることのできる商売です。
しかし昨今は居酒屋経営も厳しさを増しています。
不景気から、自分の家で飲む家のみが流行っています。
安く 美味しい料理を出すチェーン店の居酒屋が流行っています。
よほど美味しくて安い料理を出すとか特別なサービスが ない限り、個人経営の居酒屋は淘汰されていきます。
それでも自分のお店を持ちたいという人はチェーン店でも個人経営の店でもまずは修行して、料理の腕を磨き、経営のノウハウを学ぶことが大事でしょう。
体力も必要な職業です。
他の店には出せない特徴を出していかなければなりません。
そして、できるだけコストをかけないために、協力してくれる家族の存在が必要でしょう。
人件費や削れるコストはできるだけ削り、リスクを減らして開業することがまずは大事になってきます。

居酒屋も経営のあり方や規模はまちまちで

お酒が全く飲めないというような人でもなければ、居酒屋というところは誰にとっても縁のあるお店、と言えるのではないでしょうか。
仕事が終わった後の、リラックスして英気を養う場所であったり、親しい友人たちと酒を酌み交わしながら談笑するところであったりと、人それぞれでありながらも、欠くことのできないお店の一つとなっているのが、居酒屋というところでしょう。
この居酒屋にも、10人も入れば一杯といったこぢんまりしたお店もあれば、何百人も収容できるような大型店まであるといった具合に、大小様々な店舗があるわけなので、その経営のあり方もまた様々なのです。
10人も入れば満員御礼というお店ならば、店主が一人でやっていたり、夫婦でやっているといった経営のあり方で、その家庭的な雰囲気が好きで常連となっているお客で持っている店もあれば、何十人といった大人数での飲み会の場となっているような大型居酒屋チェーンもあって、そうした大型店舗ともなれば企業ベースの本格的なビジネスとしての経営が行われている、といった具合なのです。

check

2016/11/18 更新

Copyright (C) 2015 「ほろ酔い居酒屋」All rights reserved.